人探し調査の業者と個人の違いについて

業者と個人の人探しの方法の違い

人探し調査を業者に依頼すれば、調査料金が掛かります。そして人探しという特性から、この調査は長期間おこなわれる可能性が高い調査です。そうなると、人探し調査に掛かる料金は時間を追うごとに増加していきます。
最悪、人の命に関る調査であり、家族や友人の安否を調べるための調査なので、お金に変えること事態おかしい話なのですが、それでも調査をしてもらうにはどうしてもお金は必要になります。

そこで、高い調査料金を払って業者に調査をしてもらうのではなく、個人で調査をしようと考える人もいますし、業者と個人両方の調査で行方不明者を探すといった人もいます。

業者と個人の人探し調査の方法には、その規模と取られる手法が共通するものもあれば、まったく異なるものもあります。

まず共通する点としては、インターネットなどソーシャルネットワーク内で探す方法です。これはネットで探すことが出来れば直ぐにでも見つけることが出来るのですが、見付からない可能性も高いです。そして、行方がわからなくなった人のそのときの状況でも見つけることは困難でしょう。

あとは業者の人探しの方法に、人員を動員して地道に聞き込み調査を行うといったものです。これは個人ではマネの出来ない複数の人間に捜索してもらえるので調査で集まる情報も多くなります。

個人では、行方のわからなくなった人の友人または親族に連絡を取り、そこから足取りをたどったり、街頭での情報提供を呼びかけるビラ配りなどの方法があります。

どちらの方法が正解なのかは、答えるのは難しいですが、言えることは少しでも捜索の時間を短くするためには、様々な方法を試す必要があるということです。





(c) 人探し調査の料金解説ガイド