人探しで警察に捜願を出す前に確認すること

捜索願を出す前に確認すること

家出した人や、行方がわかなくなった人を探すために、警察へ捜索願を出します。
捜索願出すと、警察のデータベース上に行方不明者の情報が登録され、全国の警察が、そのデータペースを元に探し出してくれます。

ただ、捜索願を出したからといって、必ず見つかるわけではありません。

警察では、緊急性のある行方不明者と緊急性の低い行方不明者で捜索の優先度に違いがあります。

緊急性のある行方不明者とは、自分の意思で行方をくらませているわけでなく、事件や事故に巻き込まれてしまっている可能性がある行方不明者を警察は優先的に捜索します。

事件や事故に巻き込まれていた場合は、命の危険性が高くなるので、捜索願を出した時点で警察の捜索が始まります。

一方で、緊急性の低い行方不明者はというと、家出の理由がはっきりしていたり、行方をくらませた理由が明確で、自分の意思で行方をくらませた人は、捜索願を出しても警察が動かないケースがあります。

捜索願を出す際には、緊急性のある場合は、警察にその旨を伝える必要があります。

また、探偵事務所へこの緊急性のある調査を依頼しても、探偵には警察程の人手や広範囲の調査ができないため、緊急性のある行方不明者の捜索を探偵へ依頼するのではなく、緊急性の低い人探しを探偵に依頼するのが正しい利用方法だと思います。





(c) 人探し調査の料金解説ガイド